ふやかし

ドッグフードを猫が間違えて食べた場合

犬と猫と両方飼っている場合、猫が勝手にドッグフードを食べてしまった経験があるかもしれません。
このような一度、少し間違って食べたようなときには特に心配をする必要はありません。
犬と猫とでタンパク質の量や摂るべき栄養は少し異なりますが、一食くらいでは大きな危険はありません。
猫は魚が好きなイメージが強いです。

しかし、青魚の食べすぎは猫にとってあまりよくありません。
そのため、キャットフードのタンパク質はドッグフード同様に鶏などの肉類です。
ですから、両者で一度の食べ間違えは特に問題ありません。
しかし、アレルギーなどもありますから気をつけて様子を見たほうがよいでしょう。

また、一度は犬の食事で食いつきを良くしたりマンネリ防止にキャットフードを与えることを考えたことがある人もいるでしょう。
逆に猫にドッグフードを与えることを考えたことのある人もいるでしょう。
これは、継続的に与えることは止めましょう。

猫はドッグフードではタウリン不足になり視力低下の原因になります。
犬はタンパク質が不足し、栄養不足の状態になってしまいます。
そのため慢性的に与えることは避けたほうがよいです。

猫にとってはドッグフードを食べることより人間の食事を食べるほうが危険が伴います。
特に危険なのはネギ類です。
長ネギやタマネギ、にんにくは食べてはいけません。
中毒症状を起こすと貧血になったり、最悪の場合は死亡することもあります。
そのものを食べることが危険なのはもちろん、調味料のようにエキスが使われていても危険です。
調理中に触れてた調理器具を舐めたりすることも危険ですから食事だけでなく調理中も気を付けましょう。

これらを避けても人間の食事は犬や猫にとって良いものではありません。
犬や猫は汗をかかないため塩分を排出すること機能がないと言われています。
人間の食事は犬や猫にとっては塩分が多すぎます。
肝臓や腎臓を壊す原因になりますから与えることは避けましょう。

このような食べてはいけないものはきちんと知っておきましょう。
万が一食べてしまったためには病院に連れて行き、獣医の診察を受けましょう。
長生きのためにも食べ物には気を遣いましょう。

Copyright(C) 2013 大切なワンちゃんのために All Rights Reserved.