ふやかし

年齢や犬種を考えたドッグフード

私たちは成長に応じて食事の内容が変わります。
産まれて間もない頃の母乳やミルクから始まり、離乳食、成長期の栄養豊富な食事と言った形で変化をしてきます。
これは犬も同様です。
成長期までの栄養豊富な食事を青年期も続けると肥満の原因になります。
年齢に応じて食事を変えるのはもちろん、犬種によってもドッグフードを変えてあげる必要があります。

一般的にパピー用、幼犬用と言われるものは1歳までの成長期に与えるものです。
身体を作る時期の食事のため、栄養豊富です。
ですから肥満防止のためにも1歳のあたりで成犬用に切り替えましょう。
幼犬用は、妊娠中の犬に与えることも可能です。

1歳を過ぎると7歳ごろまでは成犬用のドッグフードを与えます。
この時期も同じものを与え続ければよいと言うわけではありません。
食いつきが悪かったり、アレルギーがあったり、ダイエット食へ切り替えたり、様子に応じて変える必要があります。
また、犬種別のフードも成犬用では多数販売されています。

犬によって必要な栄養は少し変わります。
ヨークシャテリアは毛艶を良くする成分が含まれていたり、ダックスフンドは関節ケアに効果のある成分が多く含まれていたりします。
犬種によって病気になりやすい場所や特別にケアが必要な場所が異なります。

そのため、こういった犬種別ドッグフードで予防をしてあげると効果的です。
犬種によってはこのような犬種別フードが販売されていないこともあります。
そのような時はサプリメントで補うことも可能です。

最近では、チワワとトイプーのミックスやМダックスとチワワのミックスなど
人気の小型犬種同士ののミックス犬が人気ですよね。
また、違う犬種を複数匹飼われている方も多く見かけます。
ミックス犬の場合は、犬種別フードで該当する商品がありませんし、多頭飼いだと何種類ものドッグフードを用意するのが大変です。
なので、そういった場合は多頭飼いの方に嬉しいドッグフードがありますので、そちらの商品をあげてみてください。

7歳以降はシニア用、老犬用と言われるフードへ切り替えます。
栄養配合はもちろん、老化に合わせて消化しやすかったり食べやすかったりという工夫がされています。
完全なドライフードよりは少し水分を含んだモイストタイプが主流です。

このように、成長段階や犬の種類によって食べるもの、必要な栄養が異なってきます。
ドッグフードを切り替える際には突然変えるのではなく少しずつ混ぜ込んで変更しましょう。
犬は警戒心が強いためいつもと違うものが出ると食べないこともあります。
また、胃腸も強くないため突然に変えるとおなかを壊すこともあります。
そのため、少しずつ新しいフードの量を増やして慣らしてあげることが大切です。

近年はペットブームということもあり、わんちゃんを飼っている方を見かける機会が多くなりました。
ペットショップに行くとたくさんの種類の仔犬がいますが、その子たちの自己紹介を見ると親犬がチャンピオンと書かれていることがあります。
このチャンピオンと聞くとなんだかすごいエリート犬から産まれた仔犬な気がしますね。
このチャンピオンとはどのような意味なのでしょうか?
詳しくはhttp://animal-dog.com/e02-02-002.htmlにかいてあるのでご覧ください。


Copyright(C) 2013 大切なワンちゃんのために All Rights Reserved.