ふやかし

ドッグフードと人間の食事の相違点

小さい頃から犬を飼っていた人は、こどもの頃にドッグフードを味見したことがある人も多いでしょう。
食事のことは気になるもので、大人でも食べたことのある人はいるものです。
ドライフードを食べた人の多くは『あまりおいしくなかった』とか『犬はあれがおいしいのか??』と感じます。
人間の食事と同じような原材料が使われているのになぜこのようなことになるのでしょうか。

人間の食事とドッグフードとの決定的な違いは味付けです。
犬にとっては塩はほとんど必要ありません。
人間と犬とでは体の大きさも違うこと、犬は汗をかかないので塩の排出がうまくいかないことが理由です。
ですから、犬にとっては人間のような塩分の多い食事は体を壊してしまう原因になります。
犬にとっては素材の味そのままの調理がちょうどよい味付けなのです。

もう一つ、人間の食事とドッグフードとの違いは栄養バランスです。
人間は彩り豊かで肉や野菜などたくさんの種類の素材を使った栄養バランスの食事が良いとされます。
しかし、犬はどちらかというと栄養バランスの偏った食事が良いとされます。
犬はもともと肉食なので野菜をほとんど必要としません。
そのため人間のように炭水化物はほとんど必要なくその分タンパク質が必要です。
そうすると食事の半分から3分の2がタンパク質となります。
ただタンパク質が多ければ良いというわけではなく、良質なタンパク質が含まれているドッグフードでは、動物の肉が使用されています。
安価な商品では大豆ミートというものが使われており、同じたんぱく質でも犬にとっては良くないようです。

最近では『人間も食べられます』という表記がされたドッグフードもあります。
このようなタイプの食事は缶詰のようなものに多いです。
従来のドッグフードには『人間は食べてはいけません』という表記がされていました。
これは、ペットとして飼育される動物たちのフードには農薬や添加物の規制が一切されていなかったためです。
そのため、ペットフードには人間には使用が禁止された農薬や添加物が使用されていたり限度量を超えた使用があったのです。
ドッグフードに使用されている危険な添加物についてはこちらで詳しく解説されています。

ペットブームから愛犬の食の安全を考える人が増えました。
その流れでドッグフードも人間の食事の基準と同じであったり、無農薬やオーガニック食材を使用した人間も食べられるドッグフードが増えました。
安全な食事の証明の一つとして『人間も食べられる』という表記があるのです。

Copyright(C) 2013 大切なワンちゃんのために All Rights Reserved.